カテゴリー: 相続手続きに関する豆知識

相続放棄したら、生命保険金はもらえないのか

相続放棄は時間との勝負ですので、悩まないで専門家に相談することが大切です。

借金を沢山抱えて亡くなったが、生命保険は掛けていた場合、相続人としては、借金は背負いたくないが、生命保険金はもらいたいと思いますよね。
“相続放棄したら、生命保険金はもらえないのか”の詳細は »

戸籍の附票と住民票の違いが相続に響く

住所を証する書面にはどのような種類のものがあるのでしょうか。これは相続人の身元を明らかにする上で大事だ

住民票というとピン!と来る方も多いと思いますが、
戸籍の附票は聞きなれない方が多いのではないでしょうか?
どちらも「住所の証明」をすることが出来る公的書類ですが、
戸籍の附票と住民票の違いは、以下の通りです。
“戸籍の附票と住民票の違いが相続に響く”の詳細は »

不動産の相続を登記する時に関係してくる条文

法定相続人が一人なら、その方の所有。複数ならその相続人全員の共有物となります。

不動産の相続手続き(遺産分割)の場合はどうでしょうか。

被相続人が不動産(土地・建物)を所有していた場合、
どうなるのでしょうか?
“不動産の相続を登記する時に関係してくる条文”の詳細は »

支払いできない場合の相続税を延納する方法

延納期限までに担保提供関係書類を提出することができない場合はある書類を提出することにより担保提供関係書類の期限を延長できることとする

延納のための担保として提供できる財産
●土地
●建物、立木、登記された船舶などの保険に付したもの
●国際および地方債

●財団
(鉄道財団、工場財団など)
“支払いできない場合の相続税を延納する方法”の詳細は »

相続と遺言と検認って難題なのでしょうね

遺言書の検認は、遺言が有効かどうかを示すものではなくあくまで遺言書を確実に保存するための手続きとお考えください。

検認の請求方法を覚えておきましょう。
申立人とは・・・・・・遺言書の保管者及び遺言書を発見した
相続人のこと。
申立先・・・・・遺言者の最後の住所地である家庭裁判所
必要な費用・・・・・収入印紙800円/1通
連絡用の切手等(各裁判所に確認のこと)
必要な書類・・・・・相続人目録添付の遺言書の検認申立書1通
遺言者の戸籍謄本(出生時から死亡までのすべての戸籍謄本)1通
“相続と遺言と検認って難題なのでしょうね”の詳細は »