相続と遺言と検認って難題なのでしょうね

遺言書の検認は、遺言が有効かどうかを示すものではなくあくまで遺言書を確実に保存するための手続きとお考えください。

検認の請求方法を覚えておきましょう。
申立人とは・・・・・・遺言書の保管者及び遺言書を発見した
相続人のこと。
申立先・・・・・遺言者の最後の住所地である家庭裁判所
必要な費用・・・・・収入印紙800円/1通
連絡用の切手等(各裁判所に確認のこと)
必要な書類・・・・・相続人目録添付の遺言書の検認申立書1通
遺言者の戸籍謄本(出生時から死亡までのすべての戸籍謄本)1通
“相続と遺言と検認って難題なのでしょうね”の詳細は »

相続の時における納税にそなえた対策

土地を相続した、相続税が結構大きい額になった。そんなことで困る前に、生前対策をする。

土地の売却は、お金を出して「ハイ、買います。」というわけに
はいきませんね。
空き地にマンションやアパートを建てる際も収益性の高い
建物の建て方をする場合は、相続時に売却した際に
納税資金を出せないことになってしまうという懸念もあります。
“相続の時における納税にそなえた対策”の詳細は »

最新の記事 »