争いの元になっているのが相続の遺留分だ

遺留分とは・・・
遺留分とは民法が相続人に保証している一定割合の財産をいいます。最低限度の相続財産を遺族に保証していることを指します。

遺留分減殺請求とは・・・
遺留分は、遺留分を侵害された人(相続人)が、遺留分減殺請求遺留分を返せと言う行為をさします。これを遺留分減殺請求と言います。

相続される人(被相続人)・・・
原則として、自由に遺言することができます。
遺言と遺留分の関係では、遺留分に反する遺言もすることができます。しかし揉め事が起こらないような内容にしなければなりません。
遺留分に反した遺言も当然に無効にはならず、遺留分減殺請求の対象となってしまいます。

遺留分減殺請求の消滅時効は・・・・
遺留分は相続開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときより1年以内に、贈与などを受けて遺留分を侵害している相手方に請求することと
されています。また遺留分減殺請求は、相続開始のときより、10年で消滅します。
配達証明付き内容証明で、あるいは司法書士などに代理を立てて遺留分減殺請求を行うことをお勧めします。
遺留分減殺請求をして、相手が返還してくれればいいですが、交渉しても話しがまとまらないのであれば家庭裁判所で調停、審判ということなります。

兄弟姉妹には、遺留分はない・・・・
遺留分は、子供、配偶者、親にはありますが、兄弟にはありません。
複数の相続人がいる場合には、法定相続分で割って計算することになります。
遺留分は、法定相続分の半分になります。

横浜といえば相続手続支援センターでしょう
横浜といえば中華街だが、遺産や税金の分野では相続手続支援センターが群を抜いて高い評価を得ている。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む