カテゴリー: 不動産は法律でいろいろ決まっている

相続によって取得した不動産、空き家になっていませんか

相続によって取得した不動産を放置していると、資産価値がどんどん下がってしまいます。

不動産を相続されるというケースは多いと思います。
もし、不動産を相続して自分がそのまま移り住む場合は、
何の問題もないでしょう。
“相続によって取得した不動産、空き家になっていませんか”の詳細は »

争いの元になっているのが相続の遺留分だ

相続の遺留分は、子供、配偶者、親にはありますが、兄弟にはありません。だから遺言が有効なのです

遺留分とは・・・
遺留分とは民法が相続人に保証している一定割合の財産をいいます。最低限度の相続財産を遺族に保証していることを指します。

遺留分減殺請求とは・・・
“争いの元になっているのが相続の遺留分だ”の詳細は »

法定されている相続人とその課税率について

被相続人に養子がいる場合、法定相続人として認められる人数に制限があります

『法定相続人』とは何かということに注意する必要があります。法定相続人とは、民法で定める相続人のことをいいますが、相続の放棄をした人があっても相続人の1人として計算されます。また、被相続人に養子がいる場合、法定相続人として認められる人数に制限があります。次のようになっています。
・被相続人に実子がいる場合・・法定相続人として認められる養子は1人
・被相続人に実子がいない場合・・法定相続人として認められる養子は2人まで
これは、やたらに養子を増やすことによって、相続税の控除額を増やそうという動きを止めるためでもあるようです。
“法定されている相続人とその課税率について”の詳細は »

相続の時における納税にそなえた対策

土地を相続した、相続税が結構大きい額になった。そんなことで困る前に、生前対策をする。

土地の売却は、お金を出して「ハイ、買います。」というわけに
はいきませんね。
空き地にマンションやアパートを建てる際も収益性の高い
建物の建て方をする場合は、相続時に売却した際に
納税資金を出せないことになってしまうという懸念もあります。
“相続の時における納税にそなえた対策”の詳細は »