相続した株券はどうなっていくのだろうか

一般的な名義変更の際の必要書類(相続の場合)
株式名義書換請求書(兼株主票)株券
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
法定相続人の戸籍謄本
法定相続人全員の住民票(本籍地記載)又は戸籍の附表
法定相続人の全員の印鑑証明書
遺産分割協議書

<株券の名義変更の目的>
株券の名義変更をすると、年1回あるいは2回程度の
配当金を受け取る権利、無償増資の受託する権利が、
その名義人に対して行われます。

<株券の性質>
【株券は有価証券です】。名義が誰になっていても、
流通が可能で、【持参人が所有権をもっている】とみなします。
上記のように、会社の配当や増資の権利を行使する場合は名義が
必要ですが、単に売買する場合は紙幣や小切手と同じです。
(盗まれれば権利はなくなり、盗んだ人の物になります。)
また、名義変更も旧名義人の了解なく、持参人の名義に変更できます。
したがって、お父様の兄弟の了解がなくとも、名義の変更が可能なのです。

<遺産分割協議書>
但し、相続人の了解なしに、名義を自分のものにすれば、
法的には横領罪が構成され、罰せられる可能性があります。
法を遵守する為には、遺産分割協議書を作成し、
全員の了解をえる必要があります。

(相続税基礎控除額=5000万円+法定相続人の数*
1000万円=7000万円)

ゴルフなどの会員権の名義変更をするには・・・・

相続人が会員条件を満たせばゴルフの会員権の
名義書を書き換えることができます。
各ゴルフ場で手続きをしますが、一般的に名義書換料
以下の書類が必要です。(ゴルフ場により異なります)

○遺産分割協議書または遺言書

○同意書
(遺産分割協議書があれば必要なし)

○被相続人の除籍謄本

○全相続人の戸籍謄本

○全相続人の印鑑証明書

名義書き換えには審査があるので、審査に通らなければ
書き換えが形ない可能性もあります。
その場合にはいったん相続人代表名義に書き換えてから
売却します。

正しい遺産相続の情報を選択して発信する
相続の手続きの中には、間違えてしまうと跡で取り返しのつかないものが含まれています。
www.souzoku-shien.net/legacy/division

»
 

トラックバックURL