相続によって取得した不動産、空き家になっていませんか

相続によって取得した不動産を放置していると、資産価値がどんどん下がってしまいます。

不動産を相続されるというケースは多いと思います。
もし、不動産を相続して自分がそのまま移り住む場合は、
何の問題もないでしょう。
“相続によって取得した不動産、空き家になっていませんか”の詳細は »

相続放棄したら、生命保険金はもらえないのか

相続放棄は時間との勝負ですので、悩まないで専門家に相談することが大切です。

借金を沢山抱えて亡くなったが、生命保険は掛けていた場合、相続人としては、借金は背負いたくないが、生命保険金はもらいたいと思いますよね。
“相続放棄したら、生命保険金はもらえないのか”の詳細は »

戸籍の附票と住民票の違いが相続に響く

住所を証する書面にはどのような種類のものがあるのでしょうか。これは相続人の身元を明らかにする上で大事だ

住民票というとピン!と来る方も多いと思いますが、
戸籍の附票は聞きなれない方が多いのではないでしょうか?
どちらも「住所の証明」をすることが出来る公的書類ですが、
戸籍の附票と住民票の違いは、以下の通りです。
“戸籍の附票と住民票の違いが相続に響く”の詳細は »

子どもに関する相続の遺産分割の決まりごとです

嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1と決まっている

嫡出子とは、婚姻関係にある男女から生まれた子供のことをいいます(婚姻関係にない男女から生まれた場合にも、嫡出子として扱われることもあります)。
“子どもに関する相続の遺産分割の決まりごとです”の詳細は »

争いの元になっているのが相続の遺留分だ

相続の遺留分は、子供、配偶者、親にはありますが、兄弟にはありません。だから遺言が有効なのです

遺留分とは・・・
遺留分とは民法が相続人に保証している一定割合の財産をいいます。最低限度の相続財産を遺族に保証していることを指します。

遺留分減殺請求とは・・・
“争いの元になっているのが相続の遺留分だ”の詳細は »

不動産の相続を登記する時に関係してくる条文

法定相続人が一人なら、その方の所有。複数ならその相続人全員の共有物となります。

不動産の相続手続き(遺産分割)の場合はどうでしょうか。

被相続人が不動産(土地・建物)を所有していた場合、
どうなるのでしょうか?
“不動産の相続を登記する時に関係してくる条文”の詳細は »

相続における贈与税の関係してくる点

従来までの制度を利用した場合と比較して970万円も税金を節税できることになります。

贈与税=(贈与取得財産の課税価格-基礎控除額)×税率

※基礎控除額 1年間110万円

(贈与をした人ではなく、贈与を受けた人1人につき1年間で
110万円です。仮に、2人から
各々110万円ずつ合計220万円の贈与を受けたとしても、
基礎控除額は110万円として計算します。)
贈与税は、個人から贈与により財産を取得したもの(個人)にかかる税金をいいます。
“相続における贈与税の関係してくる点”の詳細は »

支払いできない場合の相続税を延納する方法

延納期限までに担保提供関係書類を提出することができない場合はある書類を提出することにより担保提供関係書類の期限を延長できることとする

延納のための担保として提供できる財産
●土地
●建物、立木、登記された船舶などの保険に付したもの
●国際および地方債

●財団
(鉄道財団、工場財団など)
“支払いできない場合の相続税を延納する方法”の詳細は »

相続した株券はどうなっていくのだろうか

名義変更も旧名義人の了解なく、持参人の名義に変更できます。お父様の兄弟の了解がなくとも、名義の変更が可能なのです。

一般的な名義変更の際の必要書類(相続の場合)
株式名義書換請求書(兼株主票)株券
“相続した株券はどうなっていくのだろうか”の詳細は »

法定されている相続人とその課税率について

被相続人に養子がいる場合、法定相続人として認められる人数に制限があります

『法定相続人』とは何かということに注意する必要があります。法定相続人とは、民法で定める相続人のことをいいますが、相続の放棄をした人があっても相続人の1人として計算されます。また、被相続人に養子がいる場合、法定相続人として認められる人数に制限があります。次のようになっています。
・被相続人に実子がいる場合・・法定相続人として認められる養子は1人
・被相続人に実子がいない場合・・法定相続人として認められる養子は2人まで
これは、やたらに養子を増やすことによって、相続税の控除額を増やそうという動きを止めるためでもあるようです。
“法定されている相続人とその課税率について”の詳細は »

« 過去の記事